ただ眠いんだ

"人生はコメディだ!"

お客様と呼ばないで


新生活が始まるということで、住民票を発行する必要に迫られて市役所に行ってきた。
ごく普通の住民票であれば近所の公民館だったり役所の出張所で発行できるのだけど、マイナンバー入りのものと入っていないものの両方が必要だったので、わざわざ市役所まで出向くこととなったのだ。マイナンバーで手続きが簡略化されるどころか大変になっている。おかしいなあ。

住民票発行の申請書を書いていたのだけど、書き方がよくわからない。というか、そもそもマイナンバーに関する選択肢がない。まあね、少し前に始まった制度だからね。そういうこともあるよ。
仕方なく職員さんに尋ねてみたのだけど、なんだか様子がおかしいのである。

続きを読む

「普通」である必要性とは

普通
はてな匿名ダイアリーで、少し話題になっていた投稿があった。

anond.hatelabo.jp

内容は「同じ映画を何度も観るって普通じゃない、キモい」というものである。
釣り針がデカくて飲み込めないし、反応したら負けだと思うのだけど、まあいいや。

「普通」についてブログに書くと「普通に生きている人生に価値はない、挑戦こそが人生なんですよ」とか言い出しそうだけどそんなことは全くない。

続きを読む

新しいハンドルネームを考えたい


インターネット上で名乗る名前、古めかしく言えば(?)ハンドルネームというのはそこそこ大事だと思う。
その重要性は実名に勝るものではない。だけど、現実での生活とインターネットでの交流がひとつになりつつある今、現実の自分とインターネットでの自分をハッキリと分けるためにハンドルネームというのは重要なのである。

続きを読む

人を評価する話

人のことを評価するのが苦手だ。高評価というか、褒める方向に関してはいいんだけど、低い評価をするのはどうも苦手だ。
人以外においても、わりと同じようなことがいえる。本を評価するサイトでも映画を評価するサイトでも、基本的には低い評価を下していない。よっぽどつまらなかった作品に対しては低い評価をしているものの、だいたいが星5つのうち3つ以上である。

別に、日和っているつもりはない。つまらない物はつまらないし、ダメな人はダメだと思う。
ただ、僕は色々なことに気がついていない、気がつかながちである、ということを、わりと小さな頃に思ったのが、この性格の原因のひとつなのではないかと思っている。

続きを読む

風柳(id:furyu-tei)さんのTwitter関連Chrome拡張機能は必携である


Twitterの「時系列順に140文字以内のツイートが並ぶ」というのは、魅力のひとつである反面、発言が切り取られてしまいがちである。
よく「その発言だけを切り取らないで、発言の流れを…」と言われるが実際問題、ツイートをさかのぼっていくのは大変である。

スマートフォン用のTwitterクライアントでは「前後の発言を読みこむ」ということができるアプリがいくつかある*1のだけど、意外や意外、パソコン用のクライアントではそういう機能を持つものが見当たらないのだ。

そんな中、こちらの記事で紹介されていた、風柳(id:furyu-tei)さんの作成したChrome拡張機能が、「さかのぼるの面倒くさい問題」を解決してくれた。
forest.watch.impress.co.jp

chrome.google.com

*1:TwitPane、Twitcleなど。他にもあるかも

続きを読む

卒業式にまつわるエトセトラ


はてなブログ今週のお題「卒業」について。
僕は成人式にも、大学の卒業式にも出なかった人間なので、そういう式的な物に関する思い出は、中学や高校の卒業式までさかのぼる。大学の入学式?そんなもん忘れたよ。

続きを読む

奥華子「キミの花/最後のキス」発売されたよ!

奥華子のニューシングル、「キミの花/最後のキス」が発売された。

バンドのボーカル、弾き語り、インディーズ時代と、奥華子の色々な面が見えるシングルなのである。

続きを読む

シャーペンの芯を買うのに一苦労

「オレンズネロ」によってシャーペン欲が高まっている。シャーペン欲解消のために、旧型オレンズを使っていろいろ書いていたら芯が1本なくなってまい、補充しようと思ったら買い置きの芯もほとんどない。

近所の本屋兼文房具屋に出向き、シャーペンの芯を手に取る。本屋の中をざっと一周してお会計をする。買うのはシャーペンの芯だけであるため「テープでよろしいですか?」「それでお願いします」「200円です」というやり取りを経て無事に購入。
レシートを財布の中に入れ、シャーペンの芯を受け取り、そのまま店を出て行こうと思ったところで、なんだか変な気分になった。後ろめたいというか、いけないことをしているというか、そんな感覚だ。

続きを読む

今さらクッキークリッカー

ひとまずクッキー

なんかゲームをしたい…という欲求が突然高まることがある。だからといって、Nintendo Switchを買うほどのお金はない。僕はお金の奴隷なので、ある程度のお金がないとどうしようもないのだ。

というわけで古い記憶を呼び起こして、クッキークリッカーを立ち上げてみた。

続きを読む