ただ眠いんだ

"人生はコメディだ!"

お客様と呼ばないで


新生活が始まるということで、住民票を発行する必要に迫られて市役所に行ってきた。
ごく普通の住民票であれば近所の公民館だったり役所の出張所で発行できるのだけど、マイナンバー入りのものと入っていないものの両方が必要だったので、わざわざ市役所まで出向くこととなったのだ。マイナンバーで手続きが簡略化されるどころか大変になっている。おかしいなあ。

住民票発行の申請書を書いていたのだけど、書き方がよくわからない。というか、そもそもマイナンバーに関する選択肢がない。まあね、少し前に始まった制度だからね。そういうこともあるよ。
仕方なく職員さんに尋ねてみたのだけど、なんだか様子がおかしいのである。

続きを読む

「普通」である必要性とは

普通
はてな匿名ダイアリーで、少し話題になっていた投稿があった。

anond.hatelabo.jp

内容は「同じ映画を何度も観るって普通じゃない、キモい」というものである。
釣り針がデカくて飲み込めないし、反応したら負けだと思うのだけど、まあいいや。

「普通」についてブログに書くと「普通に生きている人生に価値はない、挑戦こそが人生なんですよ」とか言い出しそうだけどそんなことは全くない。

続きを読む

新しいハンドルネームを考えたい


インターネット上で名乗る名前、古めかしく言えば(?)ハンドルネームというのはそこそこ大事だと思う。
その重要性は実名に勝るものではない。だけど、現実での生活とインターネットでの交流がひとつになりつつある今、現実の自分とインターネットでの自分をハッキリと分けるためにハンドルネームというのは重要なのである。

続きを読む

人を評価する話

人のことを評価するのが苦手だ。高評価というか、褒める方向に関してはいいんだけど、低い評価をするのはどうも苦手だ。
人以外においても、わりと同じようなことがいえる。本を評価するサイトでも映画を評価するサイトでも、基本的には低い評価を下していない。よっぽどつまらなかった作品に対しては低い評価をしているものの、だいたいが星5つのうち3つ以上である。

別に、日和っているつもりはない。つまらない物はつまらないし、ダメな人はダメだと思う。
ただ、僕は色々なことに気がついていない、気がつかながちである、ということを、わりと小さな頃に思ったのが、この性格の原因のひとつなのではないかと思っている。

続きを読む