ただ眠いんだ

When I'm in the middle of a dream...

変貌はいつ起こるのか?

Metamorphosis: Free as a Butterfly and Ready to Fly

変貌する知り合い達

Facebookを見ていると「友達かも」一覧に昔の同級生達が表示されていて、それを巡るのはのぞきへの欲求を満たす楽しみ方だと思う。風呂を覗いたりスカートの中を覗かないだけいいじゃないか。側溝に隠れていたあいつは今頃どうしてるのかな。

そこで覗き見る彼ら彼女らの人生は、僕が知っていた彼ら彼女らのイメージと似ても似つかないことが多い。ものすごく多い。 柔道一直線だった彼が泣く子も黙るチャラ男になっていたり、僕の中での印象が「たれぱんだ」だった彼が金髪になっていたり、地味で目立たない系の女子がおかしな方向に高校デビューを果たして妊娠→結婚→離婚していたり…

なんて、彼らと深く人付き合いをしていたわけではない僕が勝手に抱いていたイメージの中での彼らと、現実の彼らのギャップに驚いてみたところで「僕に人を見る目がない」と言うだけの話かもしれないし、その可能性は高いのでしょう。 それでも僕には彼ら彼女らの人生には大きな転換点があるようにみえるし、「変貌」を遂げたと思うのです。

どこに転換点があったのかな

はてさて自分はと言えば、中学時代とほとんどやってることが変わらない。 野球は変わらずに好きだし、ビートルズを聞いてるし、パソコンいじるのは好きだし、ラジオも好きだし…下手したら髪型も変わってない。

さらにすごいなあと思うのは、変貌した彼ら彼女らはこれから会社勤めを始めたりするわけで。さらなる「変貌」をとげることが予想されるという事実。中学時代から数えて10年も経っていないのに二度目の変貌。 人ってそんなに短期間でころっと何度も変われるものなのか。

僕に転換点ってあったのかな。あったとしたらそれって一体どこだったのかな? そんなことを考えながらまた変わらずに1日過ごしております。

奇跡/夏陰/サナギ

奇跡/夏陰/サナギ