ただ眠いんだ

When I'm in the middle of a dream...

小島アジコさんに関するいくつかの事柄

このところ801って言葉は「BL」に変わりつつあるのか、あまり聞かなくなりましたな。

僕が腐女子という言葉を知ったのは「となりの801ちゃん」が初めてで、世間にはこういう趣味の人がいるのか!という驚きを与えてくれました。当時腐女子の知り合いとかいなかった…いや、擬態していただけかもしれないけど。
そんな思い出深い?マンガである「となりの801ちゃん」の作者であり、801ちゃんの旦那さんが小島アジコさん。801ちゃんの中ではチベくんとして登場。

801chan.hateblo.jp

orangestar.hatenadiary.jp

そんな小島アジコさんの描くマンガをいろいろ読み漁ったりしているのです。ファンです。
ということで今回は僕の好きなものを3つご紹介したいなと。

 

ボタン押した?

orangestar.hatenadiary.jp

小島アジコさんのマンガには監視社会的なディストピアが多く登場するのですがその1つ。
体制が監視するディストピアに対して、これは一般人同士が監視しあうもの。相互監視社会に生きる人々のお話。表情の曇り方が上手すぎません?

大人になるのが怖い、またはマジメ系クズについて

orangestar.hatenadiary.jp

ディストピアも嫌だけど、現実だって苦しいことがいっぱいあるよ!という作品。

これに似たようなことってあちこちで起きているんだろうし、こういうことがきっと杭が届いてないようなビルを作ることにつながるんだなあ。
世の中の中間管理職よ、立ち上がれ。
マンガにおいては目の数って定まってなくていいんだね…

はてな村奇譚

orangestar.hatenadiary.jp

最後に紹介するのは「京都の片隅にある寒村、はてな村」を舞台にした作品。
はてな村ってなんだか聞いたことある名前だね。このブログははてなブログで運営しているのだけど、はてな村となにか関係あるのかな?
承認欲求とか、忘れられたサービスとか、ネットが好きな人にとってはなにかしら刺さるところがあるはず。
僕としてははてな村の空気感はTwitterが流行り始めた頃の空気感に似ていると感じたし、もう少し上の世代には2ちゃんねるが当てはまるのかも。あとテキストサイトとか。
つまり「インターネットの空気感」ってこういうことなんだろうなあ。

ちなみに前の2つは短かったけど、これに関しては結構なボリュームがあるので読むのに時間かかるので、ゆっくりお楽しみを。
一気読みはキツいよ!

はてな村奇譚 カテゴリーの記事一覧 3ページ目 - orangestarの雑記

このカテゴリページからちょこちょこ読んでいくか、Kindle版を買おう!(ステルスしないマーケティング

はてな村奇譚上

はてな村奇譚上

 

 

はてな村奇譚下

はてな村奇譚下

 

はてな村奇譚にの表紙にもなっているお姉さん、たまにすごくかわいいからその辺も見所ですよ。お姉さんの正体はなんと…

 

なんて書いていたら、新作が出たようです。即買いオススメですよ。