読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただ眠いんだ

When I'm in the middle of a dream...

肝臓と感情

書き散らし 書き散らし-妄言

Alcohol and Ulcerative Colitis

人並みくらいに飲み会というものに参加するようになって、昔懸念していた「酔っ払ったらどんな感じになってしまうのか」という恐怖への答えが判明したりして、安心したり不安になったりしている今日この頃。
ペースを考えずに飲むと首が据わらなくなり、ちょっとずつ飲むと根暗な部分が噴出したりと、どちらに転んでもあまりいいことがないという体質。楽しい席だと楽しく飲めるけど、まあそんなことは少数ですよ。

そんな中、ここ数日お酒というか酔っ払いについて興味深い記事がいくつかあったので読んでみたのでそれのご紹介。

お酒と記憶についての問題

hitode99.hatenablog.com

「酔ってて変な事言った! ごめん!」という言い訳ならまだ「まったくもう!」とまだ理解できるが。「記憶ないから!」と言われても「は?」である

この記事全体の論調に100%の同意をすることはできないのだけど、引用部分に関しては賛同する。お酒を言い訳にしてはいけない。
僕はぐでんぐでんになってしまってもけっこう記憶は残っていて、次の日というか、酔っている状態で自分が晒した(もしくは現在進行形で晒している)醜態を思い出してはちょっとダウナーになる。
「記憶がない!」と堂々と言える状態ならばまた少し違うのかもしれないけど、そんなに飲むとマーライオンになってしまうからさらに自己嫌悪。ご迷惑をおかけしました…となる。

しかしまあ、立場が弱い人間は「記憶にない」と言われると「はい…」とならざるを得なかったりして大変なので、「No more 記憶喪失」ですよ本当に。ケンカの元ですよまったく。
お酒は記憶をなくさない程度にね!

酔っていればなに言ってもいいのか問題

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00309872.htmlwww.fnn-news.com

鶴指市議は、「お酒に酔った中で、勢い余った内容で書いてしまった。思いつきで、ちょっとやってしまった」と語った

僕のご近所である海老名市の市議会議員がTwitterでやっちまったでお騒がせのこの事件。まあ、要約すれば「酒のせいだから堪忍してくだせえ」といったところ。
発言の内容からして相当アウトだなあと思うけれど、この火消しはそれこそ火にエタノールってなもんで「もうダメだわこの人」っていう感じ。
これに関しては「お酒怖い」というより「こんなのが当選しちゃうのが怖い」というところ。三回も当選してるようなので、ある程度の人望だったりがあるんだろうなあ。それが本当に怖い。

そういえば前の前に都知事をやっていた作家のおじいさんも似たようなこと言ってたね。あの人Twitterやらないかな。

楽しいお酒ってなんだろう

酔っ払い男性が裸でCAに性交渉迫り緊急着陸

離陸して間もなく、男性は下半身を露出させ、性器を振り回し、客室乗務員に性交渉を迫った。さらに椅子の上で跳びはねるなどして客室乗務員が抑えきれなくなったため、機長は同機をセルビアのベオグラードに緊急着陸させた

*太字は筆者
なんだこの勢いがありすぎるニュースは。振り回したって。プロペラじゃないんだから。
電車を止めるといくらの損害賠償が…なんて言うけれど、飛行機ってどんなもんなんでしょ。

でもこれだけじゃ止まらない。

グループはさらに歌って騒いでとコントロールを失い、今度はグループにいた女性が酔っ払った末にセルビアの警官に自身との性交渉を勧めるなど、はちゃめちゃ状態に。女性はその後逮捕された

突然の友人グループの暴走。なにしてるんですか。止めましょうよ。
あとセルビアの警官の方、本当にお疲れ様です。

ちなみにアイルランド人の女性は彼氏がいるところ以外ではいっぱい食べたりお酒を飲んだりしない…という話があるんですけどね。このグループ内に彼氏はいたのかな?
まあ、とにかく楽しそうでなにより…ではなくて、お酒は適量を!