ただ眠いんだ

When I'm in the middle of a dream...

主に踊ってます~伊勢丹奇譚~

20151201-121820.jpg

僕が伊勢丹について語るときが来ようとは。バビロンまつこ的な話をするつもりは一切ないから安心していただきたい。

伊勢丹の洗礼

20151201-123152.jpg
僕が初めて伊勢丹に足を踏み入れてしまったのは数年前の冬のことだったと記憶している。
なんとなく入ってみたら、足を踏み入れた瞬間「ドレスコード」という言葉で頭の中にいっぱいになった。
そのときの僕はNikeのジャンパーを着ていて、それはもう近所を走っている人である。小学生のサッカー教室のコーチのような格好だ。でも、Nikeが悪いんじゃない、あの高級感たっぷりな空間が行けないのだ!
ドレスコードをはねのけつつ、実際は少し負けつつ、商品をちらちら見ながら早足で歩いていた。
ファッションはよくわからないのだけど、デザイン的には下手したらしまむらでも売ってるよね?というような普通のスカートがお値段30万円也。驚愕。お金持ちの考えることはよくわからない。

そんなほろ苦伊勢丹デビューを飾った僕は、伊勢丹に近付かない毎日を送っていた。

謎のクリスマスイベント

先日、伊勢丹の外観の写真を撮るくらいなら許されるのではないか…?と思い、禁断の伊勢丹に近付いてみた。

20151201-122033.jpg
こういう写真を撮ろうと思って接近した。

すると壁になにやら貼ってある。

「LIFE IS A GIFT」というスローガンと謎のキャラクター達…JENKKAというフィンランドのフォークダンスをしているらしい。
伊勢丹のホームページをみると

国境も、言葉の壁も飛びこえて、世界中がとびきりハッピーなダンス、JENKKA(ジェンカ)でつながるクリスマス、はじまる。

なんだそうで。

伊勢丹のクリスマスイベントなんてそりゃもう、なんか数万円はするアクセサリーを恋人に贈ったりなんだりだろう。30万円のスカートではないにせよ…

そして壁には脳が変な方向に楽しくなってくるキャラクター達がたくさん!

ARTIST LINE-UP|Christmas Journey 2015|三越伊勢丹グループ

写真を撮りながら脳内で変な分泌物が出てくるのがわかる。お金持ちが考えることというのはやっぱりよくわからない。

というわけで以下写真。

20151201-122124.jpg
イケメン風ウサギ。どういうコンセプトなんだろう…

20151201-122152.jpg
お相撲さんもたくさんいた。

20151201-122258.jpg
この辺はいい感じに脳を刺激してくる。なんなんだこれ。富士山であることは間違いないが…

20151201-122834.jpg
怖いよ

20151201-123511.jpg
これがメインキャラらしい。ちなみにこの周りには高級車がたくさんいた。すごい世界観。

20151201-122811.jpg
これ、大丈夫なのかなあ。ビートルズのYellow Submarineに出てきたよねこういうの!

クリスマスイベントについてブログ書いたから、まかり間違って伊勢丹がお金くれないかな。あり得ないだろうなあ。

教訓;伊勢丹に容易に近付かない方が身のためである。

イエロー・サブマリン [Blu-ray]

イエロー・サブマリン [Blu-ray]

イエロー・サブマリン

イエロー・サブマリン