ただ眠いんだ

"人生はコメディだ!"

浮気とか政治資金とか、そういうことについて

最近、どうも浮気がブームであるようだ。もしかしたらan・anで特集でもされたんだろうか。
都知事がものすごくケチなのに人の金で豪遊していたり、そういえばお薬をやっていた元プロ野球選手もいた。
一般人からみれば浮き世離れをしたような人々の、浮き世離れをした話である。

人はなぜ高みを目指すのか

勝者が転ぶ

基本的に浮気をする人というのはモテる人なんだと思う。そもそもモテなきゃ2人目から好かれるなどと言うことは滅多にないだろう。バンドを2つ掛け持ちしてそこそこ成功して、それで2人目の女性を…というバイタリティはどこから来るのだろう。
都知事だって簡単になれるものではないだろう。都の行政のトップが東京都知事という名前になった1947年以降、都知事になったのは現都知事を入れて8名のみ。
ホームランを500本を打った大打者もあんな状態だ。500本塁打を放ったのも都知事と同じく8人。かなり限られている。

今挙げた3人というのは、普通に考えれば人生の勝利者である。勝ち組である。
ニュースをみているとその勝ち組の人々が転んでいるのを目の当たりにすることとなる。
なんでトップランナーが転んでしまうのだろう。


スポンサーリンク


高みを目指しすぎた結果

浮気をする人はハーレム願望でもあるのだろうかと常々思っているのだけど、わりと動機が謎なのである。僕がモテないからかもしれないが、今いる奥さんやら彼女やらとの関係を危険にさらしてまでなにを叶えたいのか。性欲か。性欲なのか。
都知事のお給料は年間2000万円を超えるらしい。それだけもらってまだ人の金で美術品を買っていたりするのかと思えば、それはもうほとんど病気の域なんじゃないかとすら思う。
あの大打者だって薬物に手を染めていなければ野球界から引く手あまただったろうに、それでも一時の快楽のためにあんなことをしてしまう。

共通点としては、きっと現状に満足できない人達だったんだろうなと想像する。
高く飛びすぎたイカロスは翼が取れてしまいました…じゃないけれど、飛べるだけですごいのにどうしてそこまで高く飛ぼうとするのか、かなり理解に苦しむ。不思議だ。
そこまでのバイタリティーがある人達だったからこそ成功したんだろうか。だとしたらいろいろと悲しすぎるけれど。