ただ眠いんだ

When I'm in the middle of a dream...

虫取り網を称えよ

この時期Twitterを眺めていると、屋内でとある虫とエンカウントしている人が多い。テラフォーマーズがクソ映画だからではなく、段々と気温が上がってきて、やつらの行動が始まったからだと思う。


スポンサーリンク


バルサンでも炊かない限り、だいたい秋頃まで戦うことになるあいつら。

ゴキブリ
なんだかゴキブリなのにかわいい絵である。これだけかわいければなあ…

こいつらとの戦いは勝ったとしても殺虫剤をぶんまくので換気が必要だし、近くに衣類があれば洗濯に出すことになる。負けた場合は言わずもがな、夜になって布団に入った段階で逃がしたのを鮮明に思い出し…

勝つも地獄負けるも地獄。だけど勝った方がいくらかマシだし、できるだけ被害なく勝ちたい。

虫取り網という選択肢

基本的にはやはり殺虫剤をメインに戦うことになる。打撃攻撃?勘弁してよ…
家の中で虫取り網というのもなんとも間抜けな感じがするのだけど、相手の行動を制限できるという点で虫取り網は理想的である。

やつらと戦う上で最大の脅威は機動力。なんの策もなく殺虫剤をかければものすごい勢いで逃げ回られることとなる。それにお付き合いして半狂乱で殺虫剤をばらまく…たとえ勝負に勝ったとしても周囲に置いてあるものに殺虫剤がかかる。あまり好ましいことではない。
機動力が脅威なら、虫取り網を使って機動力を封じてしまえばいい。

別に捕まえなくてもいい

虫取り網といっても、いきなり網の中に入れて捕まえてしまう必要はない。網がついている枠内に相手を収めてしまえばいいのだ。これによって、相手の行動を直径30cmくらいの円内に狭めることができる。
これなら殺虫剤を大量にまく必要がなくなるし、相手が動けないという安心感も得られる。パニックに陥らないで対処すれば案外簡単なものである。

壁に張り付いた相手が殺虫剤で弱って動きが鈍りだしたら、相手を決して枠から出さないようにしつつ、枠の内側を使って網の中に落とせば一件落着である。
あとは外に出て殺虫剤をかけるもよし、トイレに流してしまうもよし。

床に相手がいる場合はその場で殺虫剤をかければOK。殺虫剤の使用を格段に減らすことができる。

虫取り網

勝率5割増しは堅い

数年前に虫取り網を導入しているのだけど、少なくとも10回はエンカウントして、逃したのは1回だけである。
それ以前は半分くらい逃げられていたので勝率5割増し。自分の中で「ライフハック」といえば虫取り網なのだ。

この時期はホームセンターに虫取り網が並び出す頃だろう。虫取り網相場はよくわからないけれど、だいたい1000円もしないはずである。
虫取り網を最後に買ったのはいつだったかを思い出しながら害虫退治でもしてみてはどうだろうか。



この記事で使用したイラストは「いらすとや」さんからお借りしました
いらすとや