ただ眠いんだ

人生はコメディだ!

ニコニコ動画はダサいのか

ニコニコ動画がダサくなかった時期ってあったっけ

自分の周囲では2010年前後はニコニコ動画が全盛期…だった気がする。
当時からコメントが流れてくるのがうるさくてあんまりニコニコ動画を見ていなかったのだけども、最近の若者はニコニコ動画を見なくなっている…というつぶやきが話題になった。

10代の若者は「ニコニコ動画」を「ださいから観ない」?文化の移り変わりの早さに戸惑ったり納得したりのTL - Togetterまとめ

まあ、おそらくこのつぶやき自体はサンプル数がn=1なので、なんと言うこともないのだけど*1、自分の中の実感として「ニコニコ動画はダサい」という点には同意する。

2010年頃にはすでにダサかったよ

身も蓋もないことを言えば、ニコニコ動画は2016年より遙か前、僕の周りでニコニコ動画が流行っていた2010年頃にはすでにダサかった。たぶん登場した頃からダサかったんだと思う。
そもそもニコニコ動画自体が「おしゃれ」とかそういうことに対して反抗的だった様な気がする。そうじゃなかったらああいうトップページのデザインにはならないだろう。

少なくとも多数派を占める「ナウ」で「ヤング」な若者*2が集まる場所ではなかったし、そいつらはニコニコ動画を利用したとしても、それを積極的に外に向けて言うことはなかった。それによってコアユーザーを手にしてきたという側面も強いように見える。
「ダサい」ということはニコニコ動画なりの生存戦略だったのではないかと思う。

ユーザーの取り込みに失敗する気がする

そんな昔からの戦略としての「ダサさ」というのは確かに存在していたと思うのだけど、「ダサさ」とは関係なくニコニコ動画から若者が減りつつある…というのは確かなようだ。ニコニコ大百科の「ニコニコ動画」の項でも書かれている。
10代の利用者は2013年に16.2%だったのが2015年12月には13.8%となっている。さらに20代の比率も微減している。

割合でしか発表されていない、そしてどこ発のデータなのかも記されていないので、この現象が若者が離れていったということなのか、それとも30代以上の新規の利用者数が増えたことによるものなのかは断定できない。

しかし、若者の取り込みが大成功している…とは言えなさそうだ。


スポンサーリンク


スマホ対応できそうにない

一番の問題はスマホ対応だ。そもそも10代は自分のパソコンを持っていない…なんて人も多いだろう。

「ニコニコ動画の楽しみはコメントだ」というけれど、スマートフォンでニコニコ動画を見つつコメントをするには、ソフトウェアキーボードが限りなく邪魔になる。
動画を見るときはスマホを横にすると思うのだけれど、その状態からコメントを残そうとすると、画面の半分くらいの大きさのQWERTYキーボードが立ち上がる。これでは動画を見るどころの騒ぎではない。
ニコニコ動画に快適にコメントを残すには、ハードウェアキーボードが必須であるといえる。これはニコニコ動画特有のスマホ対応の難しさであり、おそらく克服するのは至難の業だ。

パソコンを持っていない10代を取り込むことはかなり望み薄のように見える。

閉鎖的なコミュニティと内輪ネタ

スマホ対応が遅れて新規流入者が減り、その結果なにが生まれたかというと閉鎖的なコミュニティである。

自分たちだけが「わかっている人間」であり、それ以外は「わからない人間」であるという線引きがなされていくことによって、コミュニティは閉鎖的になっていき、新規参入者を拒んでいく。
わかりやすい例が「内輪ネタ」である。

「こういう場面ではこういうコメントをする」というのは明文化されているわけではなく、コミュニティの外から見れば意味不明である。 新参者が内輪ネタを使ってみたくて間違ったタイミング(間違ったということもないんだろうけど)で使ってしまうと、それをバカにするようなコメントが続く…なんてことはよくある。

「それを乗り越えてわかるようになるんだ」みたいな言説もあるのだろうけれど、それはコミュニティに定着できたものの言い分であり、コアユーザーはそれでいいだろうが、コミュニティの新規参入者を減らす大きな一因であると思う。

オシャレにいく?コアに行く?

オシャレに行けばコアユーザーを失うだろうし、コアユーザーを求めれば一般受けはしない。ニコニコ動画はその岐路に立たされている。いや、もうすでに分岐点を超えてるのかもしれないけど。
そもそもがPC向けに設計されているニコニコ動画が、スマホ対応などで一般受けを狙う方が間違っていると思う。
ニコニコ動画がニコニコ動画でなくならない限り、これ以降の若者を取り込んでの急激な成長は見込めないだろう。
一部のコアユーザーがいて、その人達が全体を支えているという構造は、スマホゲームと似ているとも言えなくもない。

唯一心配なのは、ニコニコ超会議みたいなニコニコ関連のイベントのレポートを読んでいると、自分たちがメインストリーム!という雰囲気が全面に出ていて、ニコニコ動画がダサさを捨てようとしていると見受けられるところである。
ただの動画サービスになったら、太刀打ちできないと思うんだけどなあ。

こんな本が出たのは2009年である。隔世の感がある。

*1:Togetterにまとめられているつぶやきは明らかに偏るのでとりあえず置いておく

*2:スクールカーストの上の方にいる人達