ただ眠いんだ

"人生はコメディだ!"

清楚への認識のズレはもはや取り返しがつかない

清楚は遠くになりにけり

あなたの身の回りの男性10人に「どんな女性が好きですか?」と質問したなら、少なくとも一人からは「清楚」という言葉が聞かれると思う。
清楚。わかるようでわからない言葉である。

大辞林によれば…

(女性の服装・姿などが)清らかですっきりしていること(さま)。
清楚(セイソ)とは - コトバンク

と書かれている。

また、Wikipediaによると…

外見上は控えめで清潔感がある容貌に、謙虚なふるまいをし、慎ましい美しい身のこなしの保守的な女性を表すことが多い
清楚 - Wikipedia

とある。

まあ、総合すれば、清らか(清潔感のある)である女性と言ったところであろう。プラスして美人だとさらに評価高し、といったところか。
大和撫子とイメージが近いように思える。

しかし、画像検索で「清楚」と検索するとさぞや清らかな画像がヒットするかと思いきや、そんなことはない。

清楚の検索結果

え、クローンなの?と思ったけど、よく見たら違う画像だった。
どうやらこれが世間的な「清楚」のイメージらしい。

ちなみに「清楚 二次元」で検索をかけるとこうなる。

二次元な清楚

モザイクなしで載せたらいろいろと怒られそうなのでかなり粗めにモザイクをかけてみたんだけど、肌色率高すぎねえ…?
あと、これだけモザイクかけてもなんとなくどんな絵が描かれているかわかるそこのあなた、悔い改めて下さい。

要するになにが言いたいのかといえば、清楚の基準がおかしくないか?ということである。だって、どっちの検索結果にも清らかさなんてひとっつも存在しないぞ!

世はまさに清楚クライシス時代だ。もはや「清楚系美女」と聞いて本来の意味の清楚な女性を思い浮かべる方が間違っているのかもしれない。
Googleで「清楚」のあとにくる関連キーワードは「コーデ」「ワンピース」「メイク」「髪色」「ブランド」である。
清楚好きな人々は清楚を追いかけるのはやめた方がいいんじゃないだろうかとすら思えてくる。


スポンサーリンク


ちなみにGoogleトレンドによれば、「清楚」は日本より中国で多く検索されている…のだけど、どうやら中国語で「清楚」というのは、「はっきりしている、明瞭である」という意味らしいよ。