読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただ眠いんだ

When I'm in the middle of a dream...

Kawaii理科プロジェクトからにじみ出る絶望感

書き散らし 書き散らし-妄言 炎上の解剖

理系マウンティング

理科をかわいくして、非理系女子に向けて発信していくという、某国立大学の「Kawaii理科プロジェクト」というのがあるらしい。

公式サイトを見るとこんな感じ。

Kawaii理科トップページ

Kawaii理科プロジェクト より

「あ、ダサピンクだ!」と思った方も思わなかった方も、なんらかの衝撃を受けたのではないだろうか。
ページによってはなぜか「Kawa理科」と表記されていたり(略称?)、不可解なところもあるけれど、まあそれはご愛嬌だ。


スポンサーリンク


ちなみにこのプロジェクトのコンセプトは

理科ってどんなイメージですか?
堅苦しくて、真面目で、暗くて、地味で
・・・と、思われていたら、とっても悲しいです。

理科は難しいですか?
中学校、高校で習った理科が難しかったから
理科はキライ!できれば関わりたくない!
・・・と、思われていたら、とっても寂しいです。

理科って、本当はもっと楽しくてワクワクして、
ちょっと知るだけで世界が全く違って見えるような
魔法みたいなものなんです。

(中略)

私たちは可愛いを通して、
科学にちょっとでも興味を持ってくれる人を
増やす活動を行っています。

Kawaii理科プロジェクトとは | Kawaii理科プロジェクト

なんだそうな。

この文章とトップページの「理系って男性だけのものじゃない」という文言から、このプロジェクトがターゲットにしているのは、「非理系女子」と言えるだろう。

まあ、これを読んで僕はおむずかりです。

「かわいさ」というのは、理科嫌い解消の処方箋たり得るか?

まあ、あのサイトで紹介されているものが果たして「かわいい」なのかについては、僕にはわからない。
しかし「かわいい」を理系への勧誘とする。そもそも入り口が間違っている気がしている。

「中学校、高校で習った理科が難しかったから 理科はキライ!できれば関わりたくない!」という人に、理系というのはこうであると広報活動するのは決して悪いことではないと思う。
しかし、そのアピールが「リケジョ・理系はかわいい!」の連呼、しかも大学の公認プロジェクトというところになんとも残念感があるのだ。(あと、自分で言うんだ感も拭えない)

かわいいグッズの販売なんかも行っているようなのだけど、果たしてそれが「理科って素敵だよね」につながるのかというと、疑問を呈さざるを得ない。
それどころか非理系女子に対して「かわいければ好きなんだろ?」という偏見があるように思えてならないのである。それがそのままダサピンクなサイトに濃縮されているように感じる。

理系マウンティングの香り

この前、理科の楽しさを伝えるのに上段から語ったら、伝わるものも伝わらなくてポイズン…という記事を書いたのだけど、この「Kawaii理科」からは「理系マウンティング」を感じる。

「理系マウンティング」というのは今僕が作った言葉なのだけど、語感通り「理系が非理系*1を無意識的に見下す現象」のことである。

Kawaii理系のトップページを見てもらうとわかりやすいのだけど、「理系?キモイしダサイ!」といっていた茶髪のチャラ系の女性が、このKawaii理系プロジェクトによって「理系?カワイイよね~ オシャレで頭いい感じ!!」という風に変わるという図が載せられている。

…ここから僕は大上段から振り下ろされるピンクの大太刀を思い浮かべた。
「オシャレで頭いい感じ!!」というのを、自分で言っちゃうのがそもそも間違っているように思う。だって、自分で「オシャレで頭いい」と思ってなきゃ出ないでしょこんなセリフ。

それを「かわいい感じで教えてやるよ」というのがこのプロジェクトの根底にあるように見える。これじゃ誰にも響かないだろう。

「私たちは可愛いを通して、科学にちょっとでも興味を持ってくれる人を増やす活動を行っています」なんて殊勝なことを言ったかと思えば自分たちを「オシャレで頭いい」と言ってしまうところに、理系マウンティングが行われている気がしてならない。

理系女子に聞いてみた

このプロジェクト、実際の理系女子はどう感じるのか…ということで大学同期の友人に聞いてみた。彼女はバリバリの現役理系女子である。

このサイトの感想を聞きたいのだけど

何がしたいのかアバウトで読んでもわかんない。とりあえず申し訳ないけど意味がわからないので感想も何もありません。
サイト読んでも理科の可愛さ?がわからない

理科の魅力を教えてくださいと言われたとして、可愛いって単語は出ないなあ。
生物のかわいさは物によってはあるとは思うけど、それは理科のかわいさではない

他のまとめ記事とかちらっと見て思ったけど、機材とかその他もろもろを可愛くするとか、安全眼鏡とか白衣がださいってイメージがあると仮定したら、それを脱却するって意味ではとっつきやすくなるのかもね

とまあ、あまり高評価ではない。
とりあえず「かわいさ」という点に引っかかりを覚えたそうである。理系女子にとって「かわいい」は研究生物だったり、他から摂取するものであり、理科から摂取するものではないのだ。

ちなみに彼女が仮定した「安全眼鏡とか白衣がださい」ってイメージは実際にあるものなんだろうか。

非理系女子にも聞いてみた

どうですかねこのプロジェクト

???
ピンク色に染めればいいってものじゃないよね

「可愛いを通して、科学にちょっとでも興味を持ってくれる人を増やす」ということらしいのだけど

残念な感じがする

ちなみに理科とか実験器具にダサいっていうようなイメージはある?

ないよ!

非理系女子にも聞いてみたのだけど、ダサピンクへの指摘と「別に理系がダサいとは思わない」という感想であった。
まあ、聞いてみた人に偏りがあるとは思うし、おそらくプロジェクトが標的としている人ではないのだとは思う。
だけど、この指摘ってかなり重い気がしてて、「そもそものかわいい」ってなにさ!というところにも突き当たるだろう。

理科の楽しさを伝える方法とは

理科の楽しさは「かわいい」ではない。
「不思議」とか「わからない」がわかった瞬間であったり、その「謎」の事を考えるのが、理科の楽しさであろう*2
そしてそれは、このプロジェクトに関わっているガチの理系の人々なら重々わかっているはずなのだ。

とりあえず、博物館に行けば学芸員さんがちゃんとした方法論で理科の楽しさを教えてくれるから、結論としては博物館に行け!となるのだけど。

誰もツッコまなかったんだろうか

Kawaii理科プロジェクトのページを見ているとメンバー紹介のページがある。
そこには多くのガチ理系の皆さんが並んでいるのだけど、その中にどうしても気になる事があるのでツッコんでおきたい。

山田綾乃というアイドル?モデル?がメンバーとして名を連ねている。
彼女の「オススメの理系グッズ」は「PCR」なんだそうだけど…

PCRは実験方法であってグッズじゃねえんだよ!

PCR=polymerase chain reactionであり、日本語で言えば「ポリメラーゼ連鎖反応」である。どう考えても「グッズ」というカテゴリではない。

コメントを読んでも「DNAの増幅に使うPCR、卒業研究では毎日毎日つかっていました。」と書いてあるんだけど、本当に毎日毎日PCRやったんだったら、この文章が明らかにおかしいとわかってほしいんだけど…誰かツッコまなかったのか…?

PCRに使うグッズ(機械)は、サーマルサイクラーです。お間違いなきよう。

2016/06/29

2016/06/29に確認したところ、公式サイトからメンバー紹介が消えていた。
というわけで、上の「「PCRがグッズである」と公式サイトに書いてある」…という話は、公式サイトではなくウェブ魚拓から確認できる。
この記事を書いていた2016/06/26あたりには公式サイトにばっちりと表示されていたのだけど。そのうち復活するのかな。しないだろうな。

*1:多くの場合それは文系と称される

*2:ちなみに、これは多くの人文科学の領域でも同じであると思われる