読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただ眠いんだ

When I'm in the middle of a dream...

SkypeとIFTTTが連携したんで、解説してみる

IFTTT meets Skype

ここ一年ほどぜんぜん使っていなかったSkypeなんだけど、ここ数日「なんかSkype活用できないかな」と考えてアップデートしたりしてたら、いいタイミングでIFTTTがSkypeとの連携を発表した。

IFTTT Blog - Stay connected with Skype and IFTTT

ということで、使い方を紹介してみようと思う。


スポンサーリンク


Skypeとの連携でできること

Skypeと連携と言っても、Skypeをトリガーとした動作はできない。つまり、Skypeのチャットが飛んできたのを他のサービスで…ということはできない。
そもそも今回の連携は、Microsoftが以前発表していたSkype botを利用したものである。

Microsoft、「Skype Bots」(プレビュー)提供開始 - ITmedia ニュース

つまりIFTTTのSkypeアカウントが、自分に対して通知を送ることができる…という連携なのである。
じゃあ、Pushbulletと変わらないじゃん、なんてことは言ってはいけない。せっかくのSkypeなのだから。

SkypeとIFTTTを連携させよう

SkypeとIFTTTを連携させるには、他のサービスを連携させるのに+αの手間がかかる。
まず、SkypeのアカウントとIFTTTのアカウントを紐付けする。
このとき、Skypeのウェブ版にアクセスするのだけど、LiveアカウントとSkypeを紐付けていると、ログイン済みのLiveアカウントに紐付いたSkypeアカウントとIFTTTが連携してしまう。要注意。

Skype botとお友達になろう

その後のもう一手間、IFTTTのSkype botとお友達になるということが必要になる。

Add Bot to Contacts

それがこのアカウントである。これに友達申請を送って無事に承諾されると、IFTTTとSkypeの連携が可能になる。

さて、なにに使う?

IFTTTの公式ブログではいくつかのレシピがすでに公開されている。 例えば、今日の天気をSkypeで通知する、あなたがある場所から離れるとSkypeで通知する、ひいきのプロスポーツチームのスコアを通知する…

しかしまあ、それらの通知をSkypeで受け取る必要性があるか?と聞かれると、正直かなり微妙なところである。
パソコンでもスマホでも受け取れるという強みはあるかもしれない。それにしたってPushbulletでよかったりするんだけど…

若干便利かなと思うのは、Skypeでグループ会話を作って、そこにIFTTT botを参加させることで、共有すべき情報をグループ内で自動共有できるという所かな?
Slackでもできるけどね!

そんなわけで、Skypeをよく使う人には、少しだけ便利?な連携であった。
いろいろ使ってみて便利な使い方を探っていきたいと思う。

IFTTT Recipe: Mistpouffersの更新お知らせ connects feed to skype

↑このレシピを使うと、このブログの更新通知があなたのSkypeに!というのは作ってみた。