ただ眠いんだ

人生はコメディだ!

浦島太郎に登場するカメがミドリガメだったら怖い

浦島太郎

不条理な昔話というのは結構あるけど、よく考えると浦島太郎ってひどい話だ。
いじめられてたカメを助けて、竜宮城で歓迎されて、帰ろうと思ったら「開けちゃいけない」というお土産を持たされて、開けてしまったらみるみるうちにおじいさん!
果たしてここからどのような寓意をくみ取れというのだろう。


スポンサーリンク


お礼がしたい!というカメについて行ったら、きれいな女の人がいて歓迎されて、お酒飲んだりなんだりして、帰り際に渡されるものと言ったらバカ高い領収書くらいなものだと思うのだけど…
だから「開けるな!」っていわれたのかな?カメを助けてもらったし、約束を守るのならこの領収書なかったことにしてやっても…的なアレなのだろうか。非常にヤクザっぽい。
そう考えると、竜宮城というのは助けてくれてありがとう!的な小芝居の入った、きれいめのお姉ちゃんがいるぼったくりバーみたいなものなのかもしれない。たぶん子供達もそのバーの一味だよ。

まあ、その辺りはどうでもいいのだけど、とにもかくにも、浦島太郎に登場するカメがミドリガメだったとしたら怖い。

ミドリガメ

まず、子供達が怖い。いくら子供とはいえ、複数人でミドリガメをぼこぼこにしているやつらに、ひとりで立ち向かってはいけない気がする。完全に狂気である。
将来的になんらかの事件を起こしそうな気がするので、すみやかにカウンセラーとの面談をさせるべきである。

あと、助けた後に竜宮城に…といってもついて行ってはいけない。ミドリガメは淡水に生息するカメだから、海に一緒に入るのは得策とはいえない。
たまに海辺での目撃例はあるけど、命を預けられるか?といったらかなりの無理がある。小さいし。

あと、桃太郎のモモがリンゴとかミカンだったら嫌だなあ…というのを考えているのだけど、それはまたの機会に。

カメでかいなー



この記事で使用したイラストは「いらすとや」さんからお借りしました
いらすとや