読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただ眠いんだ

When I'm in the middle of a dream...

人はいつ泳げるようになるんだろう

自慢ではないけれど、僕はカナヅチである。
僕が言うところのカナヅチというのは、プールでビート板などなしに25m泳ぐことができない、ということである。
25mプールの短い方の辺は泳げた。調べてみたところ13mらしい。


スポンサーリンク


人生において数回ではあるが25mを足を着かずに泳げたことがある。
水泳のテストの時など、息継ぎなしで全力で泳ぐとギリギリで泳げた。たぶん今はまったくダメだと思うけど。

泳げないといっても、水が怖いとか、すぐさま沈んでしまう…ということではなく、息継ぎがあまりにも下手なのである。ド下手なのである。
水を飲んでしまうのである。

水を飲む人

水を飲むと言ってもこういうことではない

人はいつ泳げるようになるんだろう。
僕は持ち前の運動神経のダメさから、小中高と体育のほとんどの種目で絶望的なパフォーマンスを見せつけてきた。
そんな高校時代、そんな僕よりもアレな運動神経の持ち主がいた。
ソフトボールをすればバットに当たる気配がないし、バスケットボールをすればゴールのバックボードにも当たらないシュートを放つ。球技だけでなく、陸上競技もダメだった。
僕よりも運動が苦手な男がいるのか!と少し驚いた覚えがある。

しかし、プールの時間、彼はヒーローであった。圧倒的なスピード、圧倒的な航続距離を誇り、様々な泳法をマスターしていた。
球技やその他のスポーツに関しては僕の後塵を拝していた彼は、水泳に関しては先生から「お手本をやってくれ」と頼まれるような男だったのだ。

彼のことを考えれば、どうやら泳ぎというのは単純に運動神経とか、体力に左右されるものではないらしい。
そういえば運動神経抜群だけど25mギリギリ泳げるかどうか…という知り合いもいる。泳ぎというのは謎だ。

我が身を振り返ってみると、泳ぎ方というのをまともに教わった覚えが全くない。
小さい頃にスイミングスクールに体験入学したらしいけど、その当時は水を怖がってプールに入ろうとしなかったらしい。そこが僕の泳ぎを教わる最後のチャンスだったんじゃないかと思う。

小学校のプールなんて学年120人くらいいて、それを5,6人の先生で担当するから、もちろんきめ細やかな指導なんて望めない。
父親が教えてくれた時期もあったように記憶しているのだけど、父親は幼い頃になんとなくで泳げたらしく、指導らしい指導ではなかったと思う。なんとなくやってれば泳げるようになるだろう…という感じだった。

中学高校のプールの授業では、息継ぎを懇切丁寧に教えてくれるような雰囲気ではなかった。
体育教師というのは体育が得意だったり好きな人がなるものであって、息継ぎをできないようなやつの気持ちがわかる人はいないのだろう。
やればできちゃう人の方法でやってもできない人が教わっても、それは無理というものだ。

やっぱり、泳ぎを教わるにはスイミングスクールに行かなくてはいけないのだろうか。23歳になっても入れるスイミングスクールなんてものはあるんだろうか。
人はいつ泳げるようになるんだろう。



この記事で使用したイラストは「いらすとや」さんからお借りしました
いらすとや