読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただ眠いんだ

When I'm in the middle of a dream...

ドアノブカバーとお金持ち

書き散らし 書き散らし-妄言


Photo by imrambi

小学生くらいの頃だったか、結構なお金持ちな友人の家に招かれたことがある。
彼の家は広く、庭に置物があったり、照明もシャンデリアの形だったり、出てきたお菓子が見たことのない、おそらく高いものであったり、揃っているゲームの数もかなりのものであった。
しかし、僕が「お金持ちの家は一味違うなあ」と思ったのはそれらのアレコレではなかった。


スポンサーリンク




最もお金持ち感を醸し出していたのは、家の中の至る所のドアのドアノブに装着されたドアノブカバーである。ご丁寧にも花のような形をしたそれは、トイレのドアにさえもついていた。

ドアノブカバーほどよくわからない物はない。
カバーと言うからにはドアノブを保護するのだろうか。しかし、ドアノブはそんなに傷つきやすい物ではない気がする。現に我が家にドアノブカバー文化は伝来していないが、ドアノブが傷だらけになったりはしていない。
ドアノブを保護する用途でないとすれば、ドアノブに直接触れないために、手をカバーするものなのだろうか。彼の家の誰かが金属アレルギーだったのだのかもしれない。しかしそうだとしてもドアノブ程度でアレルギーを発症するとは思えないし、ドアノブごと交換してしまえばいい。
公共の場所のドアノブはこんなに汚い!という話を耳にするけれど、たとえドアノブカバーがあったところで効果はあるのだろうか。むしろ水分が乾かなくて菌の繁殖を助けてしまいそうだ。定期的に洗濯して取り替えるのであればドアノブをアルコール消毒した方が手間がかからなさそうだ。

たぶん、ドアノブカバーに合理的な利点というのは存在しないのだろう。ヤツはおそらく「ちょっとオシャレ」という一点のみで存在しているのだ。その「必要ではないもの」にお金をかけられるのがお金持ちなのだろう。きっとこの余裕こそが「丁寧な暮らし」と言われるライフスタイルなのだ。

ドアノブカバーは日本の文化なのかと思って検索してみると、どうやら海外にもドアノブカバーは存在しているらしい。ドアノブを布で包みたいという欲求は、どうやらワールドワイドなのである。