ただ眠いんだ

"人生はコメディだ!"

セールス電話を撃退したい

平日昼間に家にいると、セールス電話がかかってくる。
自室に電話の子機がないので、部屋を出て電話機のある部屋まで急行、その結果がセールス電話だとかなり凹む。

固定電話

スポンサーリンク




中でも保険のセールス電話が群を抜いて多い。「あなたにとってお得な保険サービスがあるので、パンフレットを見ていただきたいのですが…」なんて言われても困ってしまう。どうやったら電話でパンフレットを見られるというのか。家まで送りつけようとしているのだろうか。
「パンフレットいりません、もう二度と電話しないでください」と言って電話を切っても、またしばらくするとかかってくることまである。ここまで来るとセールスと言うよりストーカーに近い。この電話をかけてきたことにより、あなたのところのサービスには絶対に加入しませんよと思ったりもする。

かといって、僕だって相手に危害を与えたいわけではない。少し前に有名人を気取ったブロガーが「医者に暴言吐いてやったwww」みたいな記事を書いていて「ないわあ…」と思ったし、セールス電話をかけてくる人だって、僕個人に興味をもって話したくて電話をかけてきているわけではないだろう。相手に嫌な思いをさせたいわけでなく、相手に自発的に「こいつに近付かないでおこう」と思わせたいのである。
そんなわけで、できる限りやんわりとしたフレーズが好ましいのである。

宗教的ヤバさを匂わせる

セールス電話の次にゲンナリする勧誘、それは宗教勧誘だ。
インターフォンに映る姿を見てやり過ごすこと数回、ポストにわけのわからない冊子を入れられること数回なのだが、あの「この人達、話通じないんだろうな」というヤバさを利用できないだろうか。



あなたにとってお得な保険サービスが…



我が家には守護霊、ナゾベーム様がついています。守護霊は全ての厄災から私を守ってくださります。なので保険などというのは要らないのです…

この作戦の「こいつヤバい。なんだよナゾベームって」と相手に思わせてセールス電話を撃退できるのではないだろうか。あまりお友達になりたい相手ではないだろう。
欠点としては「こいつ騙しやすそう!」と思われかねないという点だ。一度騙せてしまえば、コロッと信じ切ってしまえそうな感じがある。ごり押しに弱そうだ。

ちなみにこれがナゾベームだ。かわいいね!

ナゾベーム


子供のフリをする

僕は声が低い。小学生くらいの頃は声が高くて、友達の家に電話したら女の子だと思われたりしていた。しかし中学生で声変わりして以降、低音の魅力のない低い声になってしまった。
ということで、この声を有効活用できないだろうか。



あなたにとってお得な保険サービスが…



おとーさんとおかーさんがいないのでわかりません!

こんなやつに保険を勧めても無駄だというイメージを植え付けてしまえば、セールス電話との戦いという意味では勝ちである。

受話器から離れて応対する

演技に不安がある…という場合、受話器と物理的な距離をとってしまえばいいかもしれない。



あなたにとってお得な保険サービスが…



えっ、なんですか、聞こえません…



ですからーあなたにとってー

これのメリットは演技をしなくていい、そしてあんまり相手の話を聞かなくてもいい、というところだろうか。
デメリットとしては「耳の遠いおじいさん」だと思われて、なんか違う物を勧められやしないかというところだ。

「宗教」「幼い」「遠い」の3つの対抗策を考えてみた。
吟味に吟味を重ねた結果、どうやら着信拒否が一番であるという結論に至ることができた。この時間は無駄ではなかった。決して無駄ではなかったのだ。これを読んだあなたにとっても…


この記事で使用したイラストは「いらすとや」さんからお借りしました

いらすとやロゴ