読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただ眠いんだ

When I'm in the middle of a dream...

高木京介の復帰についてジャイアンツファンが思うこと

小学生の頃からジャイアンツファンで、ジャイアンツを応援しているひとりとして、この話題に触れないわけにはいかないと思う。

www.yomiuri.co.jp

www.nikkansports.com

1年前に野球賭博で1年間の失格処分を受けていた高木京介が、育成契約でジャイアンツに復帰したというニュースです。

スポンサーリンク



ルール上は失格期間が終わり、球界に復帰することが可能になって(しかも復帰するにはジャイアンツと契約してからでないといけない)、早速の育成契約。ちなみに他の3人の無期失格処分となった選手との違いは、賭け事の期間と回数らしいですね。
会見では、もう賭け事は金輪際しない、反省している、野球で償うしかない、という内容のことを述べたようです。

ジャイアンツファンとして思うこと

ルール上は復帰に問題ない、ということなのだけど、個人的には「帰ってきてほしくなかった」という一点に尽きます。
もし観戦している試合で登板することになったとして、応援はできない。というのが率直な感想です。

もちろん、ルール上の問題はないので、復帰することに対して異論を述べること自体がお門違いなのかもしれないし、厳罰が再犯を防ぐことには繋がらない…ということを考えても、それでも彼を応援することはできないと思います。

野球選手が野球賭博をするということは八百長につながりかねない行為であり、スポーツの真剣さを欠いてしまう行為であることは明白で、そんな選手を1年の謹慎期間を経たからといってホイホイと復帰させてしまうことは強く疑問です。「ああ、1年で復帰できるんだな」という前例を作ることにもなりかねません。
野球選手として「黒い霧事件」を知らなかったとは考えにくいし、本人が球界に復帰したいと希望しても突っぱねるくらいの気概をジャイアンツには見せてほしかったなと思います。

会見で述べた「野球で償うしかない」という言葉も、一体なにを言っているんだろう?という気持ちです。
彼が登板したからといって、野球賭博をしたということの償いにはまったくつながらないし、本来ならば野球に関わらないことが償いになるんじゃないかと思います。

球団の覚悟はどれほどのものなのか

なんだかんだいっても、もう復帰が決定してしまったわけで、あとはジャイアンツ側がどれだけしっかりと管理することができるかが重要でしょう。

「もう賭け事はしない」なんていうのは、ギャンブルにはまってしまった人の常套句で、それを信用して放任…なんていうのはあり得ないことです。
球界復帰を認めてしまったからには、少なくとも彼の現役中はしっかりと面倒を見なくてはいけない。そんな選択をしてしまった球団にどれだけの覚悟とプランがあるのか、ファンとしてしっかり見ていかなければいけないなと思います。