読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただ眠いんだ

When I'm in the middle of a dream...

「Help!」について

新しく知り合いになった人と、好きな芸能人・アーティストの話になったので、ビートルズが好きであると言ったら、「ああ、Help!の」と言われた。
実は以前にも「ビートルズといったらHelp!だよね」という人には何人か会ったことがある。
www.youtube.com

どうやらHelp!は中学英語の教科書に載っているらしく、授業中に流されたCDを聞くことで「ビートルズの代表曲である」という認識につながっているらしい。明るい曲調とHelpという単語が聞き取りやすいあたり、確かに教科書向きかもしれない。

当時というか、今でもそうだけど、洋楽の日本版タイトルはおかしなことになっていることが多い。多すぎる。
件のHelp!の邦題はなんと「4人はアイドル」である。ひどいと思う*1

よっぽどこの曲を歌っているビートルズの様子を考えずにつけられたのだろう。
その頃のビートルズは確かにアイドル的立ち位置であったし、アイドルのように歌っていたけれど、その立ち位置にうんざりしていた頃の曲なのだ。

明るい曲調とは裏腹に歌詞だっておよそアイドルっぽくはない。
歌詞を要約してみれば「今より若かったときは人の助けなんて要らなかった、でも今じゃ落ち込んでいるんだ。君のことが必要なんだ」といったところだ。
アイドルに疲れ、自信をなくし、自分がどうすればいいかわからない。助けてくれる君が必要だ…そんな曲がタイトルナンバーのアルバムに「4人はアイドル」という、なんとも呑気なタイトルを付けた結果、ビートルズは天真爛漫なアイドルグループとして教科書に載る存在になったのだと思う。いいんだか悪いんだか。

たぶん「4人はアイドル」というタイトルは日本国内での「教科書的なビートルズ」のイメージを形作る要因のひとつだと思う。
だけど、次のアルバムが「Rubber Soul」であることからもわかるように、「Help!」はビートルズがアイドルからアーティストへと変容することを示している曲なんだよね…

と、そんなことを話したかったのだけど、新しく知り合った人にする話題じゃねえな。と思ったので「そうだね、有名だよね」といって、会話を他の話題へと移したのでした。

www.youtube.com

*1:ひどさ的にはビリー・ジョエルの「We Didn't Start the Fire」につけられた邦題「ハートにファイア」と双璧をなすと思う