ただ眠いんだ

"人生はコメディだ!"

Googleが「あとで読む」へ本格参戦か?

一時期InstapaperやReadabilityと言ったサービスが出てきたけど、あとで読む系のサービスはここしばらくPocket*1一強になってきている。
そんなところに気になる記事が2本出てきた。

「Google Keep」のChrome拡張機能リリース、Android向けアプリのアップデートも -INTERNET Watch

ツールバーに追加されるボタンをクリックすると、そのページのURLが自動的に保存される

Gmailに2クリックでウェブページのリンクを保存したりメールで共有したりできるGoogle公式Chrome拡張「Inbox by Gmail」 - GIGAZINE

ウェブサイトから2クリックで簡単にページURLをGmailに保存したり、メールで誰かと共有したりできるChrome拡張「Inbox by Gmail」を公開

Googleが「Google Keep」「Inbox」それぞれに今みているページを保存するというChromeの拡張機能が出たという記事である。
InboxとKeepにURLを保存するというのは、Googleが「あとで読む」系のサービスに参入しようとしている兆候じゃないだろうか。

Googleにありがちな並列サービス現象

実はこの2本の記事の前にも似たような話が出ていた。

Google公式のブックマークサービス用Chrome拡張機能「Save to Google」 -INTERNET Watch

こちらも基本的にはURLとスクリーンショットのようなモノが保存されるというサービス。
まあ、オンラインブックマークなのだけど。

しかしまあ、今回発表されたKeepの機能と似ている。
Googleによくある、「似たような機能のサービスをいくつ並べるんだ!」現象が起こっているという感じだ。

全部統合したらいいのに

Googleといえば、InboxにTodoを入れてもGoogleカレンダーに同期されなかったりという惜しさがある。
サービス間の連携さえできれば、一撃で他のサービスに勝てるような気がするんだけどなあ。

KeepとInboxにはリマインダー機能がついているので、数日後に記事をリマインドする…のような使い方ができるのだけど、残念ながらこのふたつのサービスは独立してしまっている。
ここを統合して、検索やらGoogle nowで一気に情報を参照できたら便利なのになあ。
全文をGoogle Driveに保存して全文検索できるようにさえすればEvernoteなんて目じゃないと思うのだけど。

「あとで読む」でPocketに勝てるのか?

あとで読む系のサービスのライバルとしては、Pocketについてだけ考えればいいと思うのだけど、先行者としてのアドバンテージはかなり大きいと思われる。
Pocketには各種ブラウザへの拡張機能がすでに出ていたり、Feedlyを初めとしたRSSサービスとの連携もある。

PocketがすぐさまGoogleに脅かされることはなさそうだ。

とりあえずKeepに関してはスクリーンショットくらいは取得できたらいいのにね。
とりあえず、機能の統合をしっかりやるべきだと思うのだけれど。

*1:未だに旧Read it laterっていわれるよね