ただ眠いんだ

"人生はコメディだ!"

正直なところ都会のネーミングセンスについていけない

今回の記事は田舎者の妄言と思っていただいて結構である。
どうかしている都会のネーミングセンスについての愚痴のようなモノである。

都会のネーミングセンスって…

どうかしてるよね。都会のネーミングセンスって。
人を小馬鹿にしているというか「うまいこといったった」という感じがどうも鼻につく。

赤坂サカスに代表される都会なネーミング

僕が一番最初に違和感を覚えたネーミングは2008年にオープンした「赤坂サカス」である。
赤坂を代表するおしゃれスポットといえよう。

赤坂サカス BizTower

Photo by jun560

こんなおしゃれスポットなのだ。 それが言うに事欠いて赤坂サカスである。ダジャレである。

他にもひどいネーミングいろいろ!

Standing Tall ヒカリエ

Photo by Alpha 2008

みなさんは「渋谷ヒカリエ」ができたときに「光へ」って安直な…と思わなかっただろうか。

20150802-IMG_0492.jpg

Photo by sprmrbrs41

高い高いスカイツリーのところにあるから「東京ソラマチ」…

Totsukana

Photo by Dick Thomas Johnson

神奈川県では横浜は戸塚駅に「トツカーナ」というのがある。もはやなにも言うまい。

新宿新南口もひどいぞ!

このところなにかと話題の新宿新南口。「新」が続いて読みにくいことこの上ない。
ただでさえ都会がさらに再開発されたされたのだけど…ネーミングセンスも再開発した方がいいんじゃなかろうか。

バスターミナルで良いじゃない

目玉である大型バスターミナルの名前が
バスタ新宿
バスタ新宿
である。
目玉がこれって。

バスタ。バスターミナルを略して、キャッチーでナウい感じにしたのだろう。
ちなみに上の写真にある通り、英語表記は「Expressway Bus, Airport Express bus, Taxi」となる。なんだか冗長な感じがするけれど、「バスタ」よりなんぼかマシな気がする。

「ニュウマン」って

バスタ新宿の周りもひどい。
ルミネの新宿新南口店の名称は「NEWoMan」である。どれが大文字でどれが小文字かわかりにくい。

ちなみにメインターゲットの客層は

30~40代のより上質で本物志向の大人の女性で、"ハンサムOL""ファッショニスタ"な、自分の力で選び取る力のある"エクレクティックな女性たち"
ルミネの新宿新南口店名称は「ニュウマン」に決定 ハンサムOL、ファッショニスタがターゲット | SHOP OPEN | FASHION | WWD JAPAN.COM

なんだそうだ。意味はわからないけれど大変に結構なことである。
おそらく「New」と「Woman」を合体させた名前であろう。大変に結構である。

ちなみに上記の記事でもカタカナ表記は「ニュウマン」である。
決して「ニューマン」ではない。
ニュウマンである。

ニュウマン

看板にも書いてあるのだから間違いない。

ミライナタワーって

「未来な」ってことなんだろうけどね、うん。
ネーミングに未来感が微塵も感じられない。

とほほネーミングを類型してみる

こんな「とほほ」な名前の施設が都会には乱立している。
ゆるキャラの向こうを張って「とほほネーミング」とでもしておこう。

とほほネーミング施設にも傾向がある。これを4つに分類してみた。

  • ダジャレ型
  • 安直型
  • 省略型
  • もうわけわからない型

「赤坂サカス」が属する「ダジャレ型」、「ヒカリエ」「ソラマチ」の「安直型」「バスタ」「ニュウマン」の「省略型」、「トツカーナ」の「わけわからない型」である。

ダジャレ型…ダジャレに対する認識の違い

僕はダジャレが嫌いなのではない。むしろよく言う方だと思うし、会話の中でぽろっと出てきたダジャレは好きな方である。
でもね、ダジャレはダジャレだと思うのだよ。「駄洒落」だから。「駄」って駄菓子とかそういうときに使う漢字じゃん。

はっきり言おう、ダジャレを「私たちはおしゃれですが、おもしろも理解できますよ」という免罪符に使うのをやめるべきである!

薄ぼんやりした安直型

「ヒカリエ」あたりから増えた気がするのが「安直型」である。
無理矢理にでもカタカナにしておしゃれ感をだすのも特徴である。
東京だけでなく大阪には「あべのハルカス」などと言うのもできている。古語が由来なだけ安直感は薄れているものの。

「安直型」に特筆すべき特徴として「光へ」だの「空町」だの「未来な」だのイメージが薄ぼんやりしているのだ。
ポジティブ・薄ぼんやりというのはたぶん受けるんだろうなあ。

省略型

さて、「バスタ」である。
はっきり言って意味が通らないというのはいかがなものだろう。
前知識なく「バスタ」と言われるよりも、英語で「Expressway Bus, Airport Express bus, Taxi」と言ってもらえた方がはるかにわかりやすい。

チョベリグ・チョベリバの太古より略語なんてそんなモノなんだろうけど、略語を使うときの前提条件として「少なくとも仲間内では伝わる」というものがあるだろう。
それをあろうことか公共交通機関を乗り降りするところに付けてしまうのだから恐れ入る*1

もうわけわからない型にみる諦めの境地

神奈川の星、「トツカーナ」である。でじなーにゃじゃねえんだから。
この名前をみて想像するのは、下手に紛糾した議論である。
実があるようで実際は何の解決にもなっていないような会議のあと、疲れ果てて「じゃあ、トツカーナ」と言った感じがする。

あなたの近くにとほほネーミングの施設を作ろう

あなたの最寄り駅から20分くらい電車に揺られて着くそこそこ大きな駅。そこに巨大資本による大きめの商業施設ができたと考えよう。
あなたの脳裏には何型の名前が浮かぶだろうか。
いいとほほネーミングを思いついた人は、どこかの広告会社とかゼネコンとかからヘッドハンティングされるかもよ。

*1:なんだか「ウェーイ系」の体育会系ノリを想像してしまうのはさすがに被害妄想だろうか